Old Faithful Inn

米山岳部時間帯で現在08/07 の午前07時過ぎです。筆者の4季目のYellowstone

国立公園滞在も118 Days が経過しました。一昨日は隣接のBeartooth Wilderness

area で降雪がありました。既に真夏は過ぎ去っております。

 

さて 本日は筆者の Truck配送先の3ヶ所目となる国立公園南部に位置するGeyser

area のOld Faithful Inn を紹介しておきます。

Old Faithful Inn は3つ星ホテルの格付けですが 標高2,240m に位置し1904年に

主要部分が建立された世界最大のログキャビン方式の山荘です。

全室327室を擁しStandard Room: 172.70ドルから宿泊出来るWi-Fi 付きの山荘

です(Suite Room:767ドルから)。

 

拙著Facebook(Kunio Nikita ) にも幾つか写真をupload しておきましたが 山荘内

の高さ26mの巨大なFireplace と巨大な柱時計が売り物となっています。

山荘の直ぐ近くには平均約91分の間隔で噴出する間欠泉:Old Fithful が公園内最大

の見物としてあり 30/50m の高さにまで噴き上げるGeyser を見ながら Bison や

Coyote 等の野生動物にも興趣出来ると言うのは日本には決してない自然景観です。

 

 


お知らせ 

購読契約者の方々には先程筆者の週間メルマガ: NZD/JPY 版を配信して

おきました。

NZD/JPY はクロス円の中でも GBP/JPY と同様に先行指標役となる通貨

ペアであり その波動の方向性を見極める事は有益と考えます。

 

さて Yellowstone 滞在紀行3ヶ所目は Old Faithful Inn です。

米時間で明日(08/07) 当blogで紀行文を up します。


メルマガ(USD/JPY) 

本日間もなく筆者の週間メルマガ (USD/JPY 長期下降抵抗ライン Breakout Situation)

を作成配信する予定でおります。

 

時間的には日本時間の午前08時頃には作成配信の予定です。

 

 

御興味のある新規購読希望の読者の方は 以下に貼付けた専用タグか

らお申込みが可能となっております。
 

 

 

 

 








 
 


「今週のNikita テクニカル」 FXマガジンにて配信!


御購読はこちらから


 

 

 

 

 

 

 

 


Madison Campground

今日(08/05) Yellowstone 国立公園南東部の Lake Area を社用でトラックを

走らせていて感じた事は 急激に朝方は寒くなって来たなと思えた事です。

身体を動かさなければ半袖では最早風邪をひく位です。

公園内 Canyon Area では正午前後にみぞれ混じりの雨も降っていました。

今季Summer Season はもう既に終わったなと言う感触です。

 

さて 前回に引き続き本日はMadison Campground を紹介しておきます。

前回で紹介しておきました Mammoth Hot Springs からは反時計回りに車で

約50分掛かった所にある比較的大規模な Campground ですが公園西入口の

West Yellowstone からは直ぐの場所です。

 

拙著Facebook (Kunio Nikita ) に写真を何枚か upload しておきましたが同

Campground には合計292 台のCamping Trailer が駐車出来るスペースを

擁します。

 

標高2,074m に位置するこの Madison Campground での利用料金はTrailer

(max. 6人乗り) 1台当たり1泊 28ドルですが area内に筆者が週2回配送を担

当している Gift Shop Trailer (Facebook 写真参照)があります。

Gift Shop Trailer の営業時間は Season 中 16--21時 となっており各種Gift

の他にアイスクリームや飲料水も売っております。

 

近くには Yellowstone Super Volcano を彷彿とさせる Caldera 壁の一部を

見れる場所もあり Firehole River 沿いには Bison の群れも良く見掛けます。

 

米国を Camping Car (Trailer ) で周遊したいと思われる方には 格好のCamp

Site と言えます。

 


長中期下降抵抗ライン(USD/JPY)

Facebook (Kunio Nikita) にUSD/JPY に係る長

中期下降抵抗ラインからのBreakout situation を

示しておきましたので参考にして見て下さい。


長中期いずれとも Breakout 後再度回帰下降して

いますが Situation としてはかっての抵抗ライン

がsupportive となっており bullish 維持です。


S&P500 & USD/JPY

USD/JPY はPost-NFP Reaction は下方に向きましたか。

週足Candle が上方にrejection を形成しており Larger-E 波-c が先行

するかも知れません。

その場合 前波のFib.61.8%戻し:107.89 level 付近までの調整が先行

する可能性を想定した上で 120/124 level への上昇トレンドを次に待

つ事になります。

 

一方 S&P500 ですが筆者のFacebook (Kunio Nikita) に公開しておき

ましたが最後のGap Down 窓埋めを実現するべく新高値を取りに行く

可能性が高そうです。

もし新高値奪還に失敗すれば Larger-ABC 波の構成で急落pattern を

覚悟しておく必要があります。


USD/JPY & USD Index

https://currencywaves.blogspot.com/2018/08/dollar-index-Daily-elliott-wave-count.html

CurrencyWaves.com(08/02) がUSD/JPY 及びUSD Index に係るElliott Wave

の方向性についてテクニカル予測しておりますので参考までに紹介しておきます。

 

先ずは USD/JPY は 113.43/71 の領域に達しその後 124.00 (or 125.68)への

上昇後 99.00 level にまで再び落ちるとしております。

 

USD Index に関しても Larger-B & C 波の到来が想定され 2019.02 月頃までの

上昇トレンド(Larger-C 波上昇:6ヶ月間) が続くとしております。

 

然し USD Index はそのLarger-B 波の下降過程で USD/JPY を約2, 3週間下降さ

せる事となり その際 USD/JPY は108.00 level に沈下するものと考えられるとも

示しております。

 

今夜は NFP 指標発表の日です。

USD Index のLarger-A-5 波の最終上昇への起爆剤となるかどうか要注目です。


GBP/JPY & USD/JPY 矛盾なし

https://www.ew-forecast.com/newsletter/bullish_triangle_on_usdjpy_points_higher

ew-Forecast.com(7/25) のUSD/JPY bullish テクニカル記事と直近の

GBP/JPY に係るbearish テクニカル記事(7/31)とが一見齟齬が見受け

られるような印象を与えますが USD/JPY については よりタイムログ

の大きいスタンスで解析されており GBP/JPY が最終のsub-5 波下降

が止むを得ないと見る短期のスタンスでの予測とは何ら矛盾はないも

のと考えます。

 

一方 ElliottWaveSurfer.com(7/17) が示した GBP/JPY に係るテクニ

カル記事では GBP/JPY が比較的長目のLarger-2波の調整波動途上にあ

り いずれ 156.61 breakout の後に 176.71 を目指すと予測しておりま

す。


Blueberry Topping Curry & Rice

拙著 Facebook (Kunio Nikita ) に写真をupload しておきましたが本日の

休息日には Idaho Potato を使ってリンゴを加え Blueberry Topping とし

た自前のカレーライスを料理して見ました。

米国の硬水にも比較的合う日本製のカレー粉を溶かしてのカレーのルーを

Short Grain Rice に乗せて食する味は当地 Yellowstone ならではの絶品と

言えます。カレーライスを食べさせてくれるレストラン等はこの周辺には

皆無ですからね。

 

さて USD/JPY は思った通り旧 Resistance: 111.31 が逆Support となっ

て反発中であり 111.70 まで戻して来ました。


USD/JPY 短観

昨日(08/01) はBozeman市に出掛けて待望の映画:Mission Impossible 6 を

観賞して来ました。

New Zealand Unit のシーンから始まり Paris Unit, Norway Unit, Abu Dhabi

Unit へと展開するAction Scene の連続は中々見応えのあるものでした。

Series 6 昨目となる題材の Fallout は放射性降下物と超高空からの Sky Diving

の両方に掛けて名付けたものでしょうが 007 の前作: Skyfall に近いタイトル

なのは偶然なのでしょうか?

 

さて USD/JPY はこの時間帯 111.32 まで下げておりますが それでも125.86

からの長期下降抵抗ラインを上回っての水準であり日足Alligator Line の陽転

と共に そのうちいずれは上昇を再開させるのは時間の問題と見ております。

 

08月の円高懸念はそれ程気にする事はないものと思っております。

まあ それでも08/19 までの水星逆行期に入っている事実には要注意ですが。


ヒロセ通商
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM