<< MI6 | main | Blueberry Topping Curry & Rice >>

USD/JPY 短観

昨日(08/01) はBozeman市に出掛けて待望の映画:Mission Impossible 6 を

観賞して来ました。

New Zealand Unit のシーンから始まり Paris Unit, Norway Unit, Abu Dhabi

Unit へと展開するAction Scene の連続は中々見応えのあるものでした。

Series 6 昨目となる題材の Fallout は放射性降下物と超高空からの Sky Diving

の両方に掛けて名付けたものでしょうが 007 の前作: Skyfall に近いタイトル

なのは偶然なのでしょうか?

 

さて USD/JPY はこの時間帯 111.32 まで下げておりますが それでも125.86

からの長期下降抵抗ラインを上回っての水準であり日足Alligator Line の陽転

と共に そのうちいずれは上昇を再開させるのは時間の問題と見ております。

 

08月の円高懸念はそれ程気にする事はないものと思っております。

まあ それでも08/19 までの水星逆行期に入っている事実には要注意ですが。


スポンサーサイト

  • 2018.10.28 Sunday
  • -
  • 22:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ヒロセ通商
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM