<< EUR/USD bullish butterfly ? | main | お知らせ >>

USD/JPY Fixing Rate Gap

お早うございます。筆者が日本に今回一時帰国したのが11/15,
脳皮質下出血(脳出血の一形態)で倒れた親父がICU 入院中である
病院にそのまま直行到着したのが当日のmidnight 直前でしたが
本日で連続4日目となる病院付添いとなりました。
此処までの症状経過及び2度に亘る CTU 検査からは どうやら親
父の容態は 遷延性意識障害(Persistent Vegetative State) (植物人
間) へと移行しそうな感触が大です。
呼吸器系と心臓の活力がどの程度まで維持されるかが 残りの親
父の余命を決定するものと考えられます。
と言う訳で 暫く当blog の更新が途絶えておりましたが USD/JPY
の値動きについては 常にmonitoring していたものの 110.00 を超
えて行けるかが喫緊のtechnical 課題と思われ 達成後は4 波下降
調整に入るものと思われます。

拙著Facebook (Kunio Nikita) に於いて逐次 投稿して来ている通り
USD/JPY Fixing Rate Gap (106.75----) の領域にまで調整が進む
ものと想定しております。

スポンサーサイト

  • 2017.03.21 Tuesday
  • -
  • 06:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お手数ではございますが、Facebookにも和文で投稿いただけると幸いです。
  • 2016/11/18 10:46 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ヒロセ通商
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM