Parrot Drone

評価:
---
パロット
¥ 42,093
(2014-02-26)
コメント:今なら9% 格安となるAmazon 商品販売。クライミングやトレイルランニング等高度感を楽しむアウトドアの追撃空撮には格好のクリスマス商品でもあります。

本日はParrot 社製のDrone (空撮機器:Quadocopter) を紹介しておきます。
筆者の好きなクライミングやトレイルランニング等高度感を楽しむアウトド
アスポーツ或いは火山噴火の現場を追撃空撮したい向きには 格好のツール
となり かつこの時期クリスマス商品としても爆発的人気を博すると定評の
ある商品です。

Amazon.co.jp を通して11/30 までに購入するとビデオレンタルに使える
200円クーポン券も一緒に付いて来るキャンペーン対象商品でもあり 9%
格安と言う値段(通常46440円が42093円)でもあります。

筆者も来季の登山シーズンにはこいつを持参して普段登攀出来ない高所空中
からの頂上等を空撮して見たいなと思っております。


Elliott Wave Theory 参考図書

評価:
Glenn Neely,Eric Hall
Windsor Books
¥ 7,119
(1990-04-01)
コメント:Elliott Wave Theory を初めて科学的アプローチで解説を試みたGlenn Neely 氏の著書です。

Elliott Wave Theory を信奉しもっと Forex trading に足を踏込
んでみたいと考えている読者の方に一読をお勧めする参考資料です。

最近のAmazon.com を通した書籍購入には Kindle版の格安値段
での(本書ハードカバー10491円が Kindle版 5672円) 購入も可能
です。

筆者の新しいDesktop PC にもKindle がインストールされており
これからダウンロードして見ようと思っております。

Solar Maximum peak の米株

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング

SolarWatcher video から今年元旦に発生した太陽フレアー(M9.9 クラス)
及び 1/7 発生の太陽フレアー (X 1.2 クラス)に関しての映像を上に貼付け
ておきましたが これらはいずれも Solar Cycle 24 maximum(13.12/31)
からの折り返し点で発生している太陽フレアーです。

http://solarcycles.net/2014/01/09/stock-market-peaked-31-december-2013/
SolarCycle.net(1/9) に依るとSolar Cycle 24 Maximum(13.12/31) と
想定される時期に米株がtop out した事を連日のように主張展開しておりま
すが昨日の記事では inflation 調整した米株のチャートを引用して解説して
いるのが特に印象的でした。

今夜の米株Dow Jones, S&P500とも0.22--0.34%前日比で下げて来ており
ます。


AUD/USD 重要分岐点割れ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ相場師ブログランキングFXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
RBA による25bps rate cutの情報が流れてからかAUD/USD が遂に
重要分岐点:1.0500 を割れて来ました。

此れでAUD/USD の上昇は無くなったと言えそうですネ。


「今週のNikita テクニカル」週末FXマガジンにて配信
!


御購読はこちらから




FX ポータル 転職ならDODA 自動車保険のSBI損保 グアム旅行不動産査定プロバイダー京都 ホテル 外為GFT

79.80 を上抜けるか?:USD/JPY

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ相場師ブログランキングFXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
USD/JPY の長期下降抵抗ラインの本日の位置:79.80 を明確に上抜けれ
ばトレンドが大逆転する可能性があり

81.47→85.53

を目指す事になります。今回の為替介入の本気度が試されます。


「今週のNikita テクニカル」週末FXマガジンにて配信
!


御購読はこちらから




FX ポータル 転職ならDODA 自動車保険のSBI損保 DMM.com証券 グアム旅行不動産査定プロバイダー京都 ホテル 外為GFT

EUR/USD のwedge収束点に注意

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ相場師ブログランキングFXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
株式投資で言えば本日は実質11月相場です。今朝04:56には月の見掛け
が新月となった事から相場の転換点ともなり易いタイミングとも言えます。地球
と月の距離も昨夜21:26 に月間最近となっていた点からも その可能性が高
くなっていると言えるかも知れません。

何よりも筆者が最も注目しているのはUSD Index が既にH&S ネックラインを下
抜け昨夜は9/9 安値:76.13 をも下回った点です。9/9 と翌営業日となる
9/11 の間にはGap Up が形成されていた訳ですがそのbullish トレンドをも
全否定して来た事になるからです。

本日のUSD Indexは更に下値を拡大中であり 11:10 には76.0割れとなる
75.96を付けて来ております。筆者のH&S ネックライン割れに伴う下降ターゲット値
が72.75 ですから今朝程当blog記事で示した仮計算方式に依るとドル円が

72.40 レベル

まで下降して来る事になります。

さて EFSF leverageが4-5倍, Hair-Cutが50% とする合意に至ったEU
首脳会議の成果を取敢えずpositive に捉えている市場はそろそろEuro圏か
ら米国のDebt Ceiling と更なる米債格下げへの関心に転向する頃だと考え
ます。

EUR/USD の以下のwedge formationは 11/1 1.4115で収束点を迎え
ます:

10/4 1.3144→10/06 1.3242→本日1.3999→11/1 1.4115
9/29 1.3678→10/17 1.3914→本日1.4070→11/1 1.4115

上記wedge´△魎に10/20 以降下回った状態が続いており現状はライン
への回帰現象と見れます。

昨夜の1.3798 への下降により〇賄世らの上昇ファンラインが既に3本目が形
成された事から上記wedge収束点に於いては同ファンライン3本目の当日の位置
との

1.3938−1.4115 ゾーン

内に集約されるものと想定されます。此のゾーン上限を更に上回ればEUR/USD
は年内一杯はbullish継続, ゾーン下限を下回って来ればbearish 転換と見做
せます。

FX-Forecaster.com(10/27)に依るとEUR/USD が1.4060−1.4100 の
criticalゾーンを上回って来るとドル売りFlow の加速に繋がると言う趣旨のコメント
を付しておりました。




FX ポータル 転職ならDODA 自動車保険のSBI損保 DMM.com証券 グアム旅行不動産査定プロバイダー京都 ホテル 外為GFT

ユーロ円の雲下限タッチ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ相場師ブログランキングFXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
EUR/JPY の107.66 以降の短期下降抵抗ラインを以下の通り見ておくと

10/17 18:10 107.66→10/25 19:30 106.31→本日09:10 105.96

今朝04:40 高値:106.13 に至る前後の上抜け及び先程09:10 105.98
は若干上方にbreak している形となっておりますが昨夜の当blog記事に
於いても指摘しておいた通り中期下降抵抗ライン(本日:106.50 付近) を明
確に上抜けて来ない限りは下降が継続するものと想定されます。

さて本日のEUR/JPY は日足雲の下限:105.82 付近にあり雲の突入リスクも
想定される訳ですがオシレーターの踊り場的形状の低さからは雲突入による上昇
があり得てもその後の反落リスクの方が高い事を予期させるレベルであると言う事
が出来ます。

従ってEUR/JPY に関しては107.67 レベルを明確に上方break しない限りは
下降トレンドに依然あると言えます。


ドルインデックス波動イメージから求めるドル円レートの今後

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ相場師ブログランキングFXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
http://www.elliottwaveforex.com/wp-content/uploads/2011/10/cli.usdinx24oct11daily.jpg
上に貼付けたlink先はElliottWaveForex.com(10/26)からのドルインデックスに関する
テクニカルチャートですが 73.52 を割れない限り次の上昇波で 81.27 を目指すとしてお
ります。

此の波動イメージが仮に正しいとすればドル円に置き換えて換算すると以下の通りと
なります:

昨夜のドルインデックスの最安値:76.07を基点としてドルインデックスの下降 & 上昇率が

A:73.52 まで落下した場合−3.35%安
B:81.27 まで上昇した場合+6.84%高

となる為此れに昨夜のドル円の最安値:75.70 を基点として単純乗算すると

Aの場合:73.16
Bの場合:80.88

と言う計算になり此の数値がドル円の最安値及びその後の中期上伸目処と言う事に
なります。




Jim Rogers

USAに居るかみさんの猫「はつ」

1970年代にあの「ジョージ ソロス」と共に10年間で4,200%の利益を上げたJim Rogersが
現在は シンガポールに居住していますが 1ヶ月前の3/17 ドル円が95.77円まで下落した日
にCNBCのインタビューにおいて 「バーナンキFRB議長は辞職すべし。米国のリセッション入りは必然。
リセッションは森林火災と同じで止めようとしてはならない。」と痛烈にバーナンキのやり口を
批判してたのを今朝のCNNが取上げていましたが、彼は「FRBはドルの価値を減らし
米国の輸出を増やす事により リセッションから抜出そうとしている。」政策を暗に批判し
「ドル売り」を依然推奨している人物ですが 4/30のFRBによる利下げが近づいて
来ました。
米系の為替アナリストは ドル円が昨年12/27の高値(114.64)と3/17の安値(95.77)
との下落幅の50%戻しに当たる105.20のレベルで最初の大量売りが発生するであろう
と予測しています。
* 上の写真は 米国に居る筆者のかみさんの猫「はつ」です。「サブプライムなぞ
  関係ねえ〜」と呑気な存在です(笑)

3度目の正直?

 今日は ドル円のチャート分析です。
 18日の金曜は ドル円が雲の中に入って行きました。これは、昨年6月22日の高値
124.12からの円高下降局面の中で「3度目」の雲の
中への突入です。3度目の正直で雲の上限への本格的突き抜けが示現されるのかどうかの段階に入って来たと言う事です。
 過去2回の雲の上限上抜けトライがどうだったかを見ると
9.10:112.58−10.15:117.91 (約5円幅上昇)
11.26:107.19−12.27:114.64 (約7円幅上昇)
* 9.10は当時の最安値ではなく二番底であるが ここでは分かり易くその日を基点とし
  て見た。

 ,隆間が26日(営業日)、△隆間が23日を要して それぞれ戻り高値を示現 それ以降下降トレンドに再び戻ってると言うパターンです。いずれも雲の上限を明快に上抜けした感触のないまま再度下振れしてますが、今回3度目の雲の入りはどうでしょうか?
 実は、今回も直近の最安値95.77からは 既に24日を経過しており しかも約9円近い上昇幅となっています。明日以降 雲の上限が102.96辺りに位置しますから 当面その辺りまで下げる事が先行すると見ています。
 逆に、上昇継続としても 昨年下半期以降の下降トレンドラインが 終値ベースで
 108.22(明日)→107.76(4.30時点)
と下がって来ますから そこを上抜ける(そこまで行くかどうか疑問ですが)のは無理と見ています。
 遅行スパンも日足チャートのろうそく部分を上抜け 堅調さが目立ちますが 過去2回とも遅行スパン自体が13日ないし14日で再びろうそく部分の下方へ落ちて行っており
その事からすると今月末までは ドル円の堅調さが保てるとして 5.1前後以降は下降バイアスが強くなるでしょう。

 

ヒロセ通商
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM