Pandemic Phase 1 topping ?

先程拙著Facebook (Kunio Nikita) にChart を

upload しておきましたが

COVID-19 のGlobal Cases & USA Cases の

感染者数のparabolic line に初めてtopping の

兆候が間近である可能性を示す曲線の鈍化傾向

が確認されました。


これがtrigger となって本日の米株が更にrally 

を継続させるか見ものですね。

USD/JPY も108.67 までrecovery しておりま



108円recovery

先程から米株の上昇と共に軟調だったUSD/JPY 

も108.03 まで回復して来ました。


どうやらMerriman Cycle の言うところのstrong

rally 相場が始まったかも知れません。


USD Index

Elliottwave-Forecast.com(3/31)に依れば

USD Index は更なる上昇が見込まれ

106.2/108.9 area


を目指すとしております。現状98.95 level です

から更に107.3% 上昇すると計算される事にな

りUSD/JPY も単純計算で


107.50 x 107.3%=115.34




今週がkey

Financial Astrology のMerriman Cycle Weekly

Report に依ると米株は


3/20–4/04


の間にbottom out し今週中にstrong rally 再開

の為のtrigger が起きると予測しております。


此の予測が正しければUSD/JPY も現状の底値模索

からのbottom out が実現する筈でその後は筆者の

予測して来たFlag Channel breakout へと移行す

るものと考えます。


target:112.43(USD/JPY)

本日は当地Montana州にStay at Home の行政命令が出されてDay 3

です。午前中に少しwalking をして来ましたが Yellowstone 国立公園

が米国のSerengeti (タンザニアとケニアに跨る野生動物保護の為の

国立公園)と呼ばれるだけあって沢山のBison に出くわしました。

写真を拙著Facebook (Kunio Nikita) に投稿してありますのでご覧下

さい。

 

さて 同じくFacebook に分析Chart をupload しておきましたが先程

USD/JPY の2Hrs チャートのElliott 波動counting を試みて見ましたが

現状の下げは4波の模様で 次の5波では

 

Target:112.43

 

を更に場合によってはFlag Channel Breakout の成立と共に更なる

延伸がありそうです。


Day 1 (Stay at Home)

"Stay at Home"(自宅待機)命令が当地Montana 州から発動されて本日が

その規制初日ですが 筆者は運動の名目でYellowstone 国立公園を自転車で

riding して来ました。

運動中撮影した写真を拙著Facebook (Kunio Nikita) にupload しておき

ましたが Yellowstone はSocial Distancing の生活をやって行くには格好

の場所だと言えます。

 

Pandemic Severity Index (PSI) と言う米CDC の指標に従うと 致死率2%

に満たない場合でも約180万人近い米国人が死去すると予測されたデータ

がありますが本日現在COVID-19 の致死率は 4.67%に跳ね上がっており

ます。従って 米国の人口が下手をすると此の先 年間出生数379 万人と移

民数の両方で人口増加傾向にあった状態が相当鈍る可能性がありそうです。

 

米株S&P500 のElliott 波動のGrand Super Cycle Larger-4波が既に始まっ

たかどうかの判断には今しばらく時間が掛かりそうですが筆者は 残りもう

1波のbullish 波動がそのLarger-4 波の前に残されているのではないかと

考えております。

 

実は EUR/USD のLarger-2 波bottom が既に完成した感が強くEUR/JPY

の強気の上昇波動がlong run するのではないかと思われるほか GBP/JPY

も過日の124.03 をもって117.87 以降のLarger-2 波bottom が完成した

のではないかと考えられるからです。

 

従ってUSD/JPY のFlag Channel Breakout も依然可能性として有効であ

ると言えます。


2兆ドル規模の財政出動

筆者が居住するモンタナ州にもとうとう"Stay at Home"(自宅待機)の行政

命令が発動され明日00:01 をもって実施される事になりました。

当地米Yellowstone 国立公園の北端を所管するモンタナ州Park County に

は未だ COVID-19 の感染者は発見されていないようなのですが今朝のラジオ

ではモンタナ州からCOVID-19患者の初の死者が出たとの事で仕方がないと

言えば仕方のない事と言えます。

尤も筆者はYellowstone 国立公園(2日前から公式閉鎖)内にある計10ヶ所の

3っ星級宿泊施設(Lodge + ホテル)を運営管理する会社:Xanterra 社の職員

としての身分を保有したまま昨日から強制休暇に入っている訳ですが同公園

内への入域はほぼ自由に出来る立場が担保されております。

 

 

今朝も愛車を運転して公園内をDriving して来た所ですが帰寮して見ると米

下院でも未曾有の規模の財政支出政策の実施が可決されたとのニュースに接

し同僚の喜ぶ顔を見る状況となりました。

Tax Payer 1一人当たり$ 1200の支出のほか COVID-19 の影響に伴い筆者

のようにlay off 状態となった労働者に対し 失業保険1週分当たり$ 600の

追加加算がなされる骨子のようであり逆に言えば浪花勘定的表現で儲かった

と言える内容です。

 

それにしても米国の感染拡大スピードも速いものですが議会で審議決定する

事も日本と比べて破格に速いと言う印象を受けます。

まだまだ米国での生活は捨てがたいものがあります。

 

本日はEUR/USD の戻しが顕著で現状1.1126 レベルに迄来ております。

USD/JPY は軟調ながらEUR/JPY も戻りを強めておりEUR/JPY が今後は牽引

役となりそうな気配があります。


米株S&P500はメガホン波動

本日から筆者の会社は全米で強制休暇に入りました。

COVID-19 の影響は凄まじいものがありますが 筆者は今般の市場の

あり方にそれ程悲観的ではありません。

 

USD/JPY のFlag Channel Breakout に少し時間が手間取っておりま

すが時間の問題ではないかと考えております。

 

Target: 121.05

 

を目指すUSD/JPY のFlag Channel Breakout に見合う米株の昨今の

chart pattern が中々見出せないでいたのですが 先程拙著Facebook

(Kuhio Nikita) に投稿しておいた通り S&P500 はmegaphone type

の波動3-4-d 波にあるものと想定されます。

 

Megaphone 波動の中では一番bullish な上昇波動が既に始まったもの

と思われます。此の波動解釈こそが USD/JPY のFlag Channel Breakout

を実現させるに相応しいと思われ 今後将来もっともっとbearish な波動

となる本来のLarger 4波動に備えて行きたいものと思っております。


米株S&P500はメガホン波動

本日から筆者の会社は全米で強制休暇に入りました。

COVID-19 の影響は凄まじいものがありますが 筆者は今般の市場の

あり方にそれ程悲観的ではありません。

 

USD/JPY のFlag Channel Breakout に少し時間が手間取っておりま

すが時間の問題ではないかと考えております。

 

Target: 121.05

 

を目指すUSD/JPY のFlag Channel Breakout に見合う米株の昨今の

chart pattern が中々見出せないでいたのですが 先程拙著Facebook

(Kunio Nikita) に投稿しておいた通り S&P500 はmegaphone type

の波動3-4-d 波にあるものと想定されます。

 

Megaphone 波動の中では一番bullish な上昇波動が既に始まったもの

と思われます。此の波動解釈こそが USD/JPY のFlag Channel Breakout

を実現させるに相応しいと思われ 今後将来もっともっとbearish な波動

となる本来のLarger 4波動に備えて行きたいものと思っております。


target:121.05

101.17 + (118.66–98.78)=121.05


上記はUSD/JPY のFlag Channel breakout 後

の理想的Target です。週末引値から更に1,000

pips 以上のlevel です。

(拙著Facebook: Kunio Nikita に関連のChart 

をupload してあります。)


ヒロセ通商
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM