暑中見舞い

日本の真夏の気候がどうも最近熱帯化しつつあると思うのは筆者だけ

ではないでしょう。この1, 2週間の日本の気温の猛暑振りを見ている

と 2013年の夏以降一貫して標高の高い山岳地帯に滞在生活して来た

我が身にとっては とても耐えられない状況のように思えてなりません。

 

さて 2ヶ月振りの当blog の更新となりますが先月(7月)は 27日間も働

き詰めで当地 Yellowstone国立公園の山岳道路をトラック走行しており

ました。先々週来やっと週休二日制に復帰となり今週末土曜からは天気

さえ良ければ隣接国立公園の Grand Teton に出掛けて見ようと思って

おります。折りしも恒例の Jackson Hole 国際金融会議が丁度筆者の訪

問時の今週末に開催されるとの事ですが 筆者にとってはGrand Teton

の4,000 m級の山並みを眺める方が心地よいものになります。

 

昨年末に日本の飛彈山中に購入した"我が山小屋"の様子が最近非常に気

になりますが 11月の一時帰国まではどうしても Yellowstoneを離れる

事が出来ません。私事都合によりフィリピンに残して来た''彼女"(32歳

年下) との再開を果たした後 "我が山小屋"の点検を行いたいと考えてお

ります。

 

ところで 米株S&P500 の波動に残されたもう1波の上昇波が存在するの

かどうか相変わらず微妙な相場が続いておりますが EUR/JPY & GBP/JPY

を見る限りでは Larger上昇Channel 下辺をbreakdown して来ており

どうも怪しい状況にあると言わざるを得ません。

 

8/19 の本日当地 Yellowstone 国立公園の今朝は既に 10度を下回って

6, 7度と言った気温で非常に涼しい状況です。

涼風たなびくロッキー支脈から未だに猛暑が続く日本の読者の方々へ暑中

お見舞い申し上げます。


EUR JPY 波動転換

お早うございます。と言っても当地米 Yellowstone国立公園の時間帯での話です。

昨日は当公園北東に隣接するBeartooth Wilderness の一角に車を走らせて休養日を

過ごして来ました。一昨日のSnow Storm の影響でBeartooth Highway の一部が

閉鎖されており最高標高部には行くことが出来ませんでしたが 拙著Facebook には

既に投稿済みの通り 現地は未だに冬景色のままであり積雪の量が半端ではありませ

んでした。

 

さて 本件記事は日本滞在中の1月に購入した Surface Pro を使っての初めての投稿

となります。当地Yellowstone 山岳部でのWi-Fi 事情が余りよろしくなく ネット接続

が途切れる事が多く不便をきたしていますが 今日は久々の週日休と言う訳で何とか

ネット環境が良い状態の中を頑張ってblog 更新しております。

 

さてさて EUR/JPY がElliott 波動上重要な分岐点:122.26 & 122.82 を超えて来た

事からbullish trend への復活が確定したと見ています。

140円手前付近に到達するのは時間の問題ではないかと思っております。


Yellowstone 5季45日目

米 Yellowstone国立公園内定住5季目となる帰米を3/30 に果たして4/04 から

当地 Yellowstone国立公園内に筆者は滞在しておりますが暫く当blog の更新

を怠っておりました事をご容赦下さい。

今季のYellowstone 国立公園は冬季の雪の量が多かったせいで 現在もYellowstone

Lake はほとんどの湖面が結氷中ですが 公園内10ヶ所に散在する Xanterra社

経営のロッジ & ホテルのうち既に7ヶ所が今季の営業を開始し 筆者のLogistics

Truck Operation も漸く来週中には Summer Regular Mode に入りそうです。

 

昨年12月に岐阜県飛騨の山中に購入した5DK の古民家はそのままにしてありま

すが一冬を越年してみた経験で言うと やはり加齢に伴う心境変化で 冬季は暖

かい所に住んでみたいと言うのが本音です。

11月の本邦帰国に併せてフィリピンにも足を延ばすつもりですが フィリピンで

冬季滞在用の住居を所有出来たらなと 今考えております。

 

さて USD/JPY は109 low & EUR/JPY が122 low まで下げて来た訳ですが 考え

るに良い具合に第二波動の押し目を形成して来たのではないかと思います。

 

Summer Rally に向けた上昇再開が間もなく開始されるのではないかと考えて

おります。


GBP/JPY Target:156.61

Elliottwavesurfer.com(2/27) に依るとGBP/JPY 

が146.75 Resistance をbreak through して来た

事でその中期的target:


156.61


を目指すとしております。


Yellowstone 生活間近

3/01 になり当地岐阜県飛騨南部山間部も春の兆し

が見えるようになりました。

拙著Facebook (Kunio Nikita) にup しておきましたが本日から筆者の”山小屋”に近い山之口川が釣りの解禁となり大勢の釣り客が事前に放流されたアマゴや鮎をtarget に釣りに興じておりました。


さて筆者のYellowstone 生活が4/04 から始まる事になり3/23には再び日本を離れます。

今年の冬のYellowstone 国立公園はかなりの降雪に見舞われたようで除雪作業車が忙しく動いているとの事です。


月末には 一旦フィリピンに渡って休息の後 渡米する段取りです。


月足確定(USD/JPY)

先程拙著Facebook (Kunio Nikita ) にup して

おきましたがUSD/JPY が月足引値:111.38 と

2月の雲上限(110.52) を明確に突破して引けて

来た事から IH&S Target:123.92 とするbullish

目標に何ら変更はありません。


Target 達成(EUR/JPY)

EUR/JPY が今夜 IH&S Target であった

126.50 に到達して来ました。


また USD/JPY が月足雲の上限を上回って

引けて来る事で 両者の更なる上昇が期待さ

れます。


月足分析(USD/JPY)

月足チャートで見るとUSD/JPY の雲の上限は現在


110.53


付近です。

これを月足(今月末)で上抜けして引けると2013.11月以来のbullish 快挙となります。


また 超長期の160円台Top からの下降抵抗ラインも今や 120.00割れの


118.94 level


となり1年後には 117.45 付近まで落ちて来る事に

なります。月足雲の捻れが


2020.02月


に到来する事からも 此処から約1年は劇的な変動が

見られるかも知れません。


USD/JPY 着実にclimbing

拙著Facebook (Kunio Nikita) にup しておきましたが USD/JPY は着実にそのwave 3 を伸ばしております。


正念場

米株S&P500 が日足MA200 Line まで残り僅か

3 point まで迫って来ました。

突破出来ればbullish 継続。万が一出来なければ

再び中期の下降局面がやって来ます。


個人的には USD/JPY のFixing Rate Gaps が依然窓埋めされていない事から 両者共に更に上を目指すものと考えています。


ヒロセ通商
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM