142.21 まで回復(GBP/JPY)

お早うございます。

先行指標役GBP/JPY が142.21 まで戻して来ました。USD/JPY も着実に戻り基調を固めています。


今夜は週足チャートを使ってのUSD/JPY & GBP/JPY のテクニカル分析をup の予定です。


bullish GBP

https://www.forexlive.com/technical-analysis/!/gbpusd-moves-to-another-new-high-20190117

Forexlive.com(1/17) のテクニカル記事を紹介しておきます。

GBP/USD に関するbullish 記事ですが 次のtarget


1.3106


としております。


日銀総裁基調講演(人口動態)

http://www.boj.or.jp/en/announcements/press/koen_2019/data/ko190117b.pdf

(英文)


https://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2019/data/ko190117b.pdf

(和文)


本日日銀黒田総裁による上記内容の基調講演が行われたところ G20(日本が議長国)でのテーマに初めて

日本が直面している”人口減少”が与える金融政策への影響等が取り上げられる予定です。


Better counting(米株波動)

http://danericselliottwaves.blogspot.com/2019/01/elliott-wave-update-16-january-2019.html?m=1

Daneric’sElliottWaves(1/16) が米株Wilshire 5000 に係るElliott 波動counting の最新版(better counting) を公開しておりますが 筆者も同意する内容です。


109.00 Breakout (USD/JPY)

お早うございます。

米株S&P500 がMA50 Line にタッチし USD/JPY

が109.20 までspike しております。

米時間ギリギリに109.00 を突破して来た事になり

ます。

此の後は 110/112 zone のFixing Rate Gaps の

窓埋めを先行させる動きに続くものと思われます。


109.00 FX Option (USD/JPY )

USD/JPY が108.88 まで付けて来ております。

今夜NY Time に期限が到来する


USD/JPY: 109.00


の大量のFX Option が執行されると恐らく間違いなく110/112 のFixing Rate Gaps の窓埋めが先行するものと考えます。


Gov’t Shutdown の米株影響

https://www.forexlive.com/news/!/us-govt-shutdowns-limited-impact-on-us-equities-20190116

現在も米Gov’t Shutdown(政府機関閉鎖) が継続中ですが Forexlive.com(1/16) が此れまでのShutdown 期間中の米株S&P500 の騰落率との関連性を示した統計を公開しておりますが 意外にその関連性が薄いのが事実として明らかにされております。


CPI target (BOJ:1/23)

https://www.forexlive.com/centralbank/!/reports-circulating-that-boj-is-about-to-cut-is-inflation-outlook-20190116

Forexlive.com(1/16) に依ると1/23 に開催される

日銀金融政策決定会合の場でインフレターゲット(CPI target: 2%) が政策目標を達成しないレベルに

削減される可能性があり そうなれば円にとってnegative な(円安) 要因となり得ると報じております。


FX Option (今夜)

https://www.forexlive.com/orders/!/forex-options-for-expiry-wednesday-16-january-2019-20190116

今夜NY Time に設定されているFX Option についてForexlive.com(1/16) が上記link 先の通り報じていますが この中で最大の


USD/JPY 109.00 


を付けるとUSD/JPY の上昇に拍車が掛かりそうです。


89 basing Cycle(EUR/JPY)

89 と言うMercenne number がForex Cycle で

良く使われる事は当blog でも過去に紹介して来た通りですが EUR/JPY について169.96 以降の週足チャートで見た場合のABCDE 収束波動の経過週数

をまとめたものを先程TradingView.com Nikita FX

及び拙著Facebook (Kunio Nikita ) にup しておきましたが 

A:209 wks<Fib.238.2%

B:124 wks>Fib.138.2%

C:  80 wks>Fib.  88.6%

D:  84 wks<Fib.100.0%

E:   48 wks>Fib.  50.0%


とほぼ近似したCycle 関係で波動が転じて来た事が

分かります。


ヒロセ通商
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM