Major 2波

日本時間では6/21(夏至)の朝となりました。

本日16:11 天気が良ければ東京でも部分日食の第一接触が観測されます。

中国及び台湾では金環蝕が見られるそうです。

 

前回の当blog upからほぼ二週間が経過しようとしますが米株の下降気味

なのが気になるところですが波動的にはMajor-第二波と見ております。

次のMajor-第三波では新高値を狙いに行くものと想定しておりますが さ

てどうでしょうか。

COVID-19 感染者数の特に北南米における再急増が気になりますね。

 

個人的にはPandemic Phase 2の到来は11月月末頃と考えていたのです

がどうやらそれ程単純ではなさそうですね。

場合によっては筆者の一時帰国を9月から更に前倒しをする必要がありそ

うな雰囲気となって来ております。

 

 


NASDAQ最高値更新

米株NASDAQ Composite Index のChart を拙著Facebook (Kunio Nikita)

に投稿しておきましたが 先週金曜の高値は実は史上最高値を更新していた

事実を見落としていました。

 

此れにより 筆者のS&P500 に係るMegaphone Type Larger-wave 3-4-d

波へ進行する可能性は更に高くなったと言えます。


USD/JPY Flag Channel breakout へ

拙著Facebook(Kunio Nikita) には既にupload しておきましたがUSD/JPY 

のFlag Channel breakout (6/08 アジア市場open 時間帯:110.85) が今回

起こればmagic number の4度目となりbreakout が実現しそうです。

 

既に週足引値レベルで125.28 以降の下降抵抗長期ラインを上回って来てお

り実現に至れば Channel 垂直幅を約900 pips と見立てて

 

110.50 (6/08 の時点では無理と思われ) + 900 pips=119.50

 

がChannel breakout 時のtarget と想定されます。


依然好調bullish 3-4-d 波

6月最初のblog 更新記事となります。3/26 に筆者が提唱予測した米株S&P500

のLarger wave 3–4–d 波Megaphone type bullish 進行中だとした内容が正に

的中したかのように此処までの2ヶ月強のMarket の流れは筋書き通りです。

 

プロの波動予測屋は Fib.61.8% 辺りから第三波の大下降とかLarger C 波の下降

だとかbearish 予測が大半でしたが悉く外れております。

そもそも9年近くbullish 波動が継続した米株の相場が そんな簡単に大下降に転じ

ると読む事自体に波動の勢いと言うものを無視した論評だと言えます。

 

Megaphone type の今般のLarger wave 3–4-d 波でなくとも Bullish 4-abcde

波動の展開もあり得るとの予測が筆者の知る限り一つも見当たらないのは 正に

時代の趨勢と言うものでしょうか人間のPandemic 心理に流される所以と考えら

れます。

 

EUR/JPY が114円台のLarger E bottom から既に 10円幅も上昇して来ており

今後の展開が更にbullish となる局面を彷彿とさせます。

相場とは信じる者に勝機ありとも言われるように fundamentals に一喜一憂す

るようなtrading では足元が掬われるのみです。


今日はBozeman滞在

久々のblog更新です。

当地米Montana州は 5/26 の午後2時半です。6季目の滞在となるYellowstone

国立公園北部入口に一番近い町 Bozemanに今来ておりますが筆者が愛用して

来たToyota Corolla 2017(50 th Anniversary Special Edition)の売却を図る

目的で休暇を貰ってやって来ました。

売却自体は午前中ですんなりと上手く行きましたが購入時の0%金利のAuto Loan

残債よりも高く売却出来たので何よりです。

此れで9/13 に向けた当地出発までの間Yellowstone 国立公園に留まりながらも

いつでも本邦に帰国出来る体制が整いました。

そうです。今般のPandemic を機会に日本に再び戻ろうと言う決断を致しました。

まあYellowstone に6季も住んでいれば十分と言う感じです。

何が筆者の決断をそうさせたのかと言う点については詳細を語り始めると長くな

るので今は語りませんがPandemic が落ち着く頃の来年の今頃なら その話を披露

出来るかも知れません。強いて言えば苦渋の決断に近い 然しながら前途洋々な

挑戦と言えるかも知れません。

 

愛車を売却する事で身が軽くなった訳ですが US Permanent Residence (所謂

Green Card) の有効な2022年までならいつでも米国に再入国が可能なので 完全

に米国から離れると言う事を決した訳ではなく Flexible な要素は一応担保して

はあります。

 

さてGBP/JPY が再び133.00 を回復して来ました。

と同時に米株S&P500 も3000 を回復させております。

 

筆者の3/26 の波動予測に何ら変更はありません。


現況の相場観

お早うございます。当地米Yellowstone 国立公園は5/12 の朝7時半

です。全米でも最小感染者数の当地Montana州がReopening となっ

って17日目となりますが日増しに暖かくなって来ました。

筆者の休業期間も5/27 までと変更されており後 2週間強で職務復帰

です。通常の35%補償の失業保険に加えて Stimulus Package で追

給となった1週間当たり600ドルの給付が貰えている状態で実質復職

するよりも収入が多い状態が1ヶ月半強続きましたがその間のStay at

Home 状態では運動不足気味で5/28からの職務復帰がすんなり行く

のか若干不安ではあります。

 

さて米株S&P500 のGrand Super Cycle 第4波の単純下降のみを信じ

ている方々にとっては 4波であってもbullish なABCDE 波動調整を忘

れてはなりません。今般のCorona Crash は4波ではなく3-4-C 波で

あり現状はその折り返しのMegaphone type の3-4-D 波の可能性が

高いと筆者が指摘して以降早くも1ヶ月半になります。

 

クロス円の一角EUR/JPY こそその後安値更新となりましたが 直近の

高値117.78を突破して来るのは時間の問題と考えます。

 

USD/JPY のFlag Channel Breakout にもたつきましたが今度の波動

では恐らくbreakout して行くものと思われ target:120 円台を目指す

ものと考えております。


波動3-4-d

拙著Facebook(Kunio Nikita) で3/26 に分析投稿

したS&P500 のLarger wave 3-4-d の予測は依然

有効であるほかUSD/JPY のFlag Channel 

breakout への移行の可能性も未だ未だ消滅はし

ておりません。


織込み済みの最悪失業率

米国の失業率が史上最悪の14.7% と先程発表さ

れましたが織り込み済みの指標と解釈され

USD/JPY が先程来から上昇しております。


大統領署名入りの通知

5月に入りました。当地米Montana州では4/27 から実質的にReopening

Phase 1入りとなり5/04 からは特にBig Sky area でのレストランやバー

それにカジノの類の施設の営業が再開される事となります。

 

一方連邦政府所管のYellowstone 国立公園は6/15 からのReopening と

なり筆者の休業状態も概ね6/05 まで継続する事となっております。

Stay at Home は先月末の時点で解除となっていますが 筆者としては用心

の為 隣町となるBozeman 市には 5/26 までは近づかないようにしており

ます。

 

筆者の銀行口座には既にStimulus Package の$ 1200 が振込まれた事は

過日の当blog で示しておいた通りですが White House と冒頭に印刷され

たTrump 大統領の署名入りで 同Stimulus Package 給付事実の通知書が

本日筆者の私書箱にも送達されておりました。

大統領の署名入りの通知書とは粋なものです。

 

さて先週末にEUR/USD のstrong reversal が実現した事は拙著Facebook

(Kunio Nikita) に投稿しておいた通りですが2008 年以降続いて来た下降

トレンドのbottom 化がどうやら現実となったのではないかと思われます。

 

今後は EUR/JPY を牽引上昇する形でUSD/JPY も徐々に上向きになるもの

と考えております。


金正恩の脳死

本日(4/25)は当地米Yellowstone国立公園を所管する州の一つMontana 州が

Stay at Home命令を発出して丁度1ヶ月目(31日目) となります。同命令の効

力は取敢えず4/27 までの延長となりましたが週初めからは隣のCounty(郡)

であるBig Sky area に於いてはReopening Phase 1入りとなり5/04 からは

同area 内にあるレストラン, バー, Casino の類の施設が営業再開となります。

 

一方Yellowstone 国立公園自体は公園内に11ヶ所のLodge, Hotel 類を運営す

る筆者の会社のReopening が6/15 まで更に延期される事になりました。

つまり隣の郡では早々とReopening が実施される一方 連邦法が適用される

Yellowstone 国立公園でのReopening は更に向こう1ヶ月半強先延ばしにさ

れると言うDouble Standard な措置が講じられると言う訳です。

まあ筆者にとっては更に1ヶ月半強休業措置が採られる事に伴い稼働する必要

はなく逆に毎週$ 600追給された分の失業保険が給付される訳ですから 痛くも

痒くもありません。

 

毎日の運動日課であるwalking を本日も心掛けて先程拙著Facebook (Kunio

Nikita)に運動中撮影した写真をupload しておきましたが 日増しに当地の気温

が上がり始めておりwalking だけでも良い汗をかきます。

 

ところで今朝飛び込んで来たニュースに北朝鮮の金正恩の脳死状態が確認され

たとの情報に接し驚いておりますがいよいよ北朝鮮の体制変革に繋がる事にな

るのかどうか非常に興味深いところです。

 

北朝鮮が中国同様の管理資本主義を積極的に取り入れる事になれば韓国との

協調体制が確立される事ともなり日本のアジアにおける存在感が益々希薄なも

のとなって行く可能性があります。

韓国Won との統一通貨の導入ともなれば日本円の脆弱化は必至と言えるので

はないでしょうか。


ヒロセ通商
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM