Day 150 (YNP)

早いもので筆者が 2 Season目の Yellowstone国立公園内滞在を始めて本日(9/21)

で Day 150 となりました。昨夏の総滞在日数が 155日間でしたが 今季は10/24 ま

でのSeasonal Contract なので183日間となり山岳地帯滞在記録を5年連続で更新す

る事になります。

11月丸一ヶ月は日本への一時帰国を兼ねてフィリピンに再訪する予定でおります。

 

12/07から3/13 の冬季を当地 Yellowstone国立公園で過ごす事が既に決まっており

Supervolcano: Yellowstone の新たな一面を体験出来るものと期待しております。

 

更に 来季(Summer Season) も Yellowstone での契約の話がほぼ確定しており 3

年連続の Yellowstoner となります。

 

筆者も来年1月には還暦と言う齢に達します。還暦を Yellowstoneで迎えられる事は

この上もない喜びでもあり 何か感慨深いものを感じます。

 

さて Martin Armstrong氏の予測等に依ると来年2月以降に米株の本格的下降局面が

到来するとしており それまでの間の束の間のRally 相場が期待されるところですが

筆者はどうも懐疑的に見ており Topping Formation の為のSideways な相場に終始

するのではないかと考えております。

 

従って Forex Trading に於いても無理な Entry は行わずに出来る限り静観に徹しよ

うと思っております。


VIX, Fixing Rate Gap から見たUSD/JPY

本日これからの時間帯で筆者の週間メルマガの配信を行います。

 

メルマガタイトルは

 

VIX, S&P500 及びFixing Rate Gap から見たUSD/JPY 

 

ですが 現状の相場展開に一定の注意喚起を促す意味もある内容で

お届けします。


御興味のある新規購読希望の読者の方は 以下に貼付けた専用タグからお申込みが

 

 

 

 

可能となっております。
 

 

 

 

 








 
 


「今週のNikita テクニカル」 FXマガジンにて配信!


御購読はこちらから


 

 

 

 

 

 

 

 


AUD/JPY のメルマガ

Martin Armstrong氏が説くところの War Cycle が本日の9/11 に当たります。

水星逆行は既に 9/05 で終息し 9/06 の満月も経過しております。

 

日柄的にも 各クロス円とも4波調整は既に終えた可能性が高くなっており 本日

は先程前倒しで

 

AUD/JPY の最新の波動解析(その 2)

 

を作成し配信しておきました。過去記事と重複する箇所がありますが 最新の波動

概説も追記してありますのでご参照ください。


御興味のある新規購読希望の読者の方は 以下に貼付けた専用タグからお申込みが

 

 

 

可能となっております。
 

 

 

 

 








 
 


「今週のNikita テクニカル」 FXマガジンにて配信!


御購読はこちらから


 

 

 

 

 

 

 

 


これから作成配信です

少し遅くなりましたが 今夜これから筆者の週間メルマガの作成配信作業に

入ります。

筆者が在米中の為に どうしても日本時間のこの時間帯となりますがご容赦下

さい。

 

なおメルマガタイトルは

 

EUR/JPY のその後の波動展開と中期的target

 

です。


御興味のある新規購読希望の読者の方は 以下に貼付けた専用タグからお申込みが

 

 

 

可能となっております。
 

 

 

 

 








 
 


「今週のNikita テクニカル」 FXマガジンにて配信!


御購読はこちらから


 

 

 

 

 

 

 

 


EUR/JPY target:165円

EUR/JPY :165

AUD/JPY:   97.19


上記はElliottWave-Forecast.com(9/03) が示した最新の長期予測値であり AUD/JPY に関しては同

target 達成は来年になるとしております。


水星逆行終期&一粒万倍日(9/05)

9/05 は水星逆行終了の日でもあり 相場の変動volatility が高まる

一粒万倍日でもあります。

 

これまでの流れが一変するリスクも大いにありますので要注意です。


USD/JPY

来週9/06 に配信予定の筆者の週間メルマガ2本のうちの1本を

先程前倒しで購読契約者の方々に配信しておきました。

 

タイトルは

 

USD/JPY の最新の波動解釈

 

です。


Day 130

Yellowstone 国立公園内在住も いよいよ終盤に入り 今季Day 130を迎える事になりました。

今季契約終期まで残すところ53日(実働47日) のみ

で09月のYellowstone は例年初雪が観測される月でもあります。


EUR/JPY が130.60 level で週足引値を形成させて来た事は 筆者の予測通りでもあります。

更に 100 pips強は調整してもおかしくはなく 買いの触手は水星逆行が終息する週明け 9/05 以降が

妙味ではないかな〜と考えております。


お知らせ

拙著Facebook (Kunio Nikita) 及びNikita FX メルマガにてテクニカル予測した

通り 先週末のEUR/JPY は筆者の想定 target に到達して来ました。

 

以下は 8月残りのメルマガ 1本と09月のメルマガの配信日程です。

 

8/30(水):1 本 (EUR/USD 長期波動解析 )

 

9/06(水)

9/13(水)

9/20(水)

9/27(水)

 

09月の各配信日にはそれぞれ 2本づつのメルマガを配信の予定です。

(月間 8 本)


御興味のある新規購読希望の読者の方は 以下に貼付けた専用タグからお申込みが

 

 

可能となっております。
 

 

 

 

 








 
 


「今週のNikita テクニカル」 FXマガジンにて配信!


御購読はこちらから


 

 

 

 

 

 

 

 


Day 120

早いもので 筆者が当地 米Wyoming州Yellowstone 国立公園Season 2期目

の滞在を始めて 本日でDay 120 (4ヶ月)となります。

今季の任期が10/24 までですから 残り63 日(約2ヶ月) と言う事になります。

その後の筆者は 米西部へのRelocationを完遂する為に必要なDomicile を此

処 Montana州に仮設定する為に 11月に本邦に一時帰国した後に 再度12月

には Yellowstone に戻る予定ですが 昨日の皆既日食を南接のGrand Teton

国立公園にて観測出来た事で 今季の目標は終えた事になり 未だ 今冬の予定

を柔軟に変更出来るようFlexible な状態で居ようと思っている所です。


さて 昨日の皆既日食では生まれて初めてのDiamond Ring も観測出来 遠望

のGrand Teton 山系も約1m45s の間漆黒の闇に包まれた光景を目の当りに

出来た事は 圧巻でした。

次回の米国での皆既日食は 2024年4/08 ですから 筆者が66歳になるまでの

間は 北半球での皆既日食観望は臨めそうにもありません。


(皆既日食観望の為 週間メルマガの配信は来週火水曜となります。)


11月の本邦への一時帰国の折りには フィリピンへの立寄りも予定しておりま

す。30年前に大使館勤務で3年間 在住していた事のある フィリピンが 殊に首

都 Metro Manila が激変していたのを昨年末の訪問で体験したのに 味を占め

今回も Sofitel に滞在するつもりでおります。


Yellowstone 国立公園もそろそろ見納めの頃かなと 思慮しつつも もう少しの

間は頑張って見ようかと考えている 今日この頃です。


ヒロセ通商
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
JST
JFX
最小spread
登山用品
ヒロセ通商
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon
Reckless Endangerment: How Outsized Ambition, Greed, and Corruption Led to Economic Armageddon (JUGEMレビュー »)
Gretchen Morgenson,Joshua Rosner
筆者のかみさんお薦めの洋書です:ピュリッツアー賞受賞の女性経済ジャーナリスト Gretchen Morgenson書下ろしの2008年Crash 相場に導いた米主要政治経済関係者多数に対する酷評物です。
recommend
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio)
Currency Wars: The Making of the Next Global Crisis (Portfolio) (JUGEMレビュー »)
James Rickards
現況の経済情勢自体が米国のNational Security Concern(国家安全保障事項)であると捉えた著者James Rickards氏が書き下ろしたFX ファン必読の1冊です。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM